HOME > 研修・セミナーのご案内 >生命保険プロ養成研修(法人編)

研修・セミナーのご案内

生命保険プロ養成研修(法人編)

生命保険プロ養成研修とは?

次世代代理店構想に則った、正しい営業姿勢、知識、スキル、学習の仕方を学び身につける研修コースです。
個人編と法人編があり、どちらも情報提供・循環型営業スタイルにそった内容になっています。

本コースの特徴として、プロシージャーと呼ばれる営業ツールの活用があります。
通常、知識とスキルの習得にはかなりの時間がかかるものですが、本コースではプロシージャーを使用して、効率的にスキルを身につけることができます。
プロシージャーとは、料理でいうレシピとお考えいただければ良いと思います。
レシピなしで料理を覚えるのは至難の業だと思いますが、営業も同じです。
営業ツールは数種類あり、保険会社のコンプライアンスチェックを通してお使いいただけます。

法人開拓では、継続した情報提供の内容も鍵となります。
そこで、法人コースでは経営者向けの情報提供資料も提供させていただきます。
情報提供資料は“事例情報”と言い、全国の経営社が生命保険で困ったことを中心にして、法人にありがちな問題と解決策の事例で構成されています。
ですから、自社が事例情報と同じ状況にある経営者は「これは問題の状態なのか?!」と無理なく気づくことができます。
つまり、ニーズ喚起できるというわけです。

《生命保険プロ養成研修の到達イメージ》
 ・生命保険の基本的概念を理解し、お客さまの利益のために行動できる
 ・地域のお客さまと強い信頼関係を築き、信頼され愛される営業スタッフとなる
 ・他のスタッフと協力しながら、行動でき、課題の改善に寄与できる

プログラムに関してのお問い合わせはこちら。
まずはお気軽にお問い合わせください。