HOME > STSCにできること >セールス力アップ

STSCにできること

セールス力アップ

STSCは、ニーズ潜在型商品であり、さまざまな商品の中でもかなり販売が難しいとされている生命保険販売のトレーニングを通じて会得したノウハウを持っています。そのノウハウは生命保険だけではなく、さまざまな商品・サービスの販売に役立ちます。

STSCのセールストレーニングはセールスプロシージャー(手順:何をどう話すか)とプロシージャーを視覚化したメッセージツールを用いることで、わかりやすく、研修効果も抜群です。セールス初心者にもベテランにも活用できます。

一般にセールスといっても、いろいろなタイプがあります。訪問型のセールスと待ち受け型ではセールスのプロセスがまったく異なりますし、訪問型でも新規開拓型セールスとメンテナンス型(継続受注が多い)セールスではセールスの構造がまったく異なりますが、これらのセールスタイプを理解しないままに進められている研修も多いのではないでしょうか。

また、新規開拓型のセールスにしても、待ち受け型のセールスにしても、長く成果を挙げ続けるためには、“見込客”つまり継続して面会できるお客さまを増やしていけるかどうかが鍵になりますが、一般のセールストレーニングでは“目の前のお客さまをいかに落とすか”というところにフォーカスが当たっているため、短期的にはうまくいっても長期的にはうまくいかないケースが多いようです。これは、残念なことです。

STSCは、早くから、長期にわたってお客さまとより良い関係を構築しながら成果を挙げ続けるセールススタイル“情報提供・循環型セールス”を提唱し多くの保険会社の販売スタイルに影響を与えてきました。近年はこの“情報提供・循環型セールス”を一歩先に進めた“メンテナンス型営業スタイル”を提唱しております。

セールス力アップの具体的プログラム

  • アプローチ研修(新規開拓型、初期訪問スキルトレーニングコース)
  • ヒアリング研修(新規開拓・待ち受け型共、顧客ニーズ聞き取りトレーニングコース)
  • プレゼンテーション研修(新規開拓・待ち受け型共、企画・提案スキルトレーニングコース)
  • マーケティング研修(新規開拓・待ち受け型共、自分を支援してくれる顧客を開拓する方法)
  • セールスツール・プロシージャーの企画・制作(営業現場にあわせたツール作成)
  • 上記の研修のSLeSS化(パワーポイントベースの自動プログラム)