HOME > STSCにできること >組織活性化

STSCにできること

組織活性化

STSCは組織の永続的な発展のために、セールス個人だけではなく組織全体のパフォーマンスアップを可能にする、組織活性化プログラムを提供しています。これらのプログラムは2000年前後から知られてきた概念で、ホールシステム・アプローチなどと呼ばれています。

複数のセールスパーソンを抱える組織にとって、営業生産性つまり平均値を上げることは至難の業です。中には非常に能力の高いセールスパーソンがいる一方で、人並み、あるいは人並み以下のセールスパーソンもいるからで、組織全体ではどうしても2:6:2(実際には 1:6:3)の生産性分布になってしまうからです。これは、“セールス力を個人的な能力”と捉えることから起こります。

一方“セールス力を組織的な能力”と捉えると、まったく違う世界が見えて来ます。特定の個人の能力や努力に頼るのでなく、皆で支え合い力を出していけばよいのです。この概念は組織の拡大や、永続的な組織運営には劇的な変化をもたらします。

しかし残念なことに、これまでは組織全体の学習力を高めパフォーマンスを引き上げるための方法がありませんでした。せいぜいコンテストなどの実施によって、組織的結束力を高めるなどの方法しかなかったわけです。STSCの組織活性化研修で生まれ変わった組織や代理店が続々誕生しています。

組織変革研修のプログラム

  • A.I. アプリシェイティブ・インクワイアリー (2日間のワークで組織を変革に導きます)
  • OSM オープンスペースミーティング (2日間のワークで組織の学習力が高まり、意思決定が素早くなります)
  • ワールドカフェ (数時間のワークで組織の風通しが格段に良くなり、意識の共有化が可能になります)
  • すばらしい明日を創り出す日 (A.I.やOSM、フューチャー・サーチなど、すべての組織変革研修の方法を組み合わせた組織変革研修)