HOME > 用語集 >システム原型 >目標のなし崩し

用語集

目標のなし崩し

時間の経過に伴い、当初の目標レベルが低下していく状態。
これは徐々に進んでいくため、その影響に気づかない場合が多い。

【システム図】
目標のなし崩し-システム図
【時系列変化】
目標のなし崩し-時系列変化
例:
ミヤト食品では、商品の生産性向上を目的とした、製造工程におけるコスト削減策を実施した。
それから数年経つが、商品の売上は年々下がる一方だった。
その時点では、顧客の嗜好や食習慣の変化が原因であると見ていたが、その後も売上は下がり続けたため、消費者に対して調査を行うことにした。
その結果、売り上げ低下の原因は「商品の味が落ちてきたこと」にあることがわかった。
実は、コスト削減策を推し進めたことにより、品質に対する関心が薄れていき、当初の品質基準とのギャップが広がり、コスト削減策の実施時点から徐々に味が落ちていたのだった。
このことが早い段階で分かっていれば、品質基準を維持するための投資に対する意思決定をできたはずだが、すでに収益は落ち込み、その投資もままならない状況になってしまった。