HOME > 用語集 >OEM

用語集

OEM

《相手先ブランドによる製品提供》

OEMとは、一般に自社の工業製品を相手先のブランド名で提供することで、ノウハウや製造力はあっても、マーケティング力のない企業や、ブランド力のない企業が使うことが多い方法です。工業製品では一般的であっても、研修業界でOEMをする会社は少なく、それには、3つの理由があると思います。

1.OEMで研修を出してしまうと、自分たちが研修をできなくなってしまう。
2.そもそも、海外から買ったプログラムなので転売することができない。

では自社で買えば良いではないかということになりますが、通常数千万円という権利料を払うため現実的ではありません。

3.自分ではできるが、他の講師ができるようなプログラムを構築できない。

個人的な資質の高い達人タイプの講師の場合、自分ではできても他人に教えられないことが多いものです。ではなぜSTSCはOEMするのか? できるのか?

★私たちは、多くのセールスパーソンに、良いトレーニングを積むことで楽しく質の高い仕事をしてもらいたいと思います。そして、その結果、お客さまにもより良いサービスをお届けしたいと思っています。『そのために私たちの研修がお役に立てるのなら』と、始めたのが研修プログラムの提供です。自社の3人のトレーナーだけで大きな会社の研修すべてを受け持つことはできませんから、研修プログラムの提供はSTSCにとってある意味必然であったとも言えます。